自分を貫く仕事術

地方国立大学を多浪で入学した負け犬が就活で一念発起して、一流企業から内定を取った方法

エントリーシートの寿命はカップヌードルの待ち時間程度

 

エントリーシートの寿命は3分程度 

 

f:id:born-in-88:20200114221640p:plain

 

皆さんが一生懸命作ったエントリーシート

息抜きに食べようとするカップラーメンの待ち時間くらいしか人事には見られない
かも知れません。

 

f:id:born-in-88:20200114221924j:plain

 

何千人もの人のエントリーシートを見なければいけないので、自然と一人当たりの時間は短くなってしまうのです。

 

  

エントリーシートを書くときの心構え

f:id:born-in-88:20200114230558p:plain

私が、エントリーシートを書くときは、いつもあえて

エントリーシートは数十秒しか見てもらえない!

と自分に言い聞かせながら書いていました。それによって、どうやったら相手に数十秒で伝えられるかに注力して書くようになります。

 

すると、実際は相手は3分程度は目を通す訳ですから、自分の想定の数倍は長く読んでもらえます

 

数十秒で相手に伝える

これは、社会人になってからでも使える技なのですが、「エレベータートーク」と言うのがあります。

f:id:born-in-88:20200114231302j:plain

これは、エレベーターの中と言う1分もない時間の中で相手に如何にポイントを伝え
るかと言う会話スキルが試されるものです。

このエレベータートークは、エントリーシートに実に環境が似ていると思いませんか?

 

このエレベータートークにはいくつかコツがあります。

一番重要な二つをお伝えします。

  1. 簡潔に話す
    まずは、これに尽きます。人は、1文が80字以上になると躓きやすくなるのを
    ご存知でしょうか。
    ですので、できるだけ80文字以内の簡潔な文章でまとめます
  2. フッキングを行う
    お?って思ってもらえる文章を最初に入れるように注力します。例えば、
    ・高校時代に野球で県大会ベスト8に入り、活躍もしました。
    という文章と、
    ・高校時代にキャッチャーで県大会ベスト8に入り、最後の試合ではホームランを打ちました。
    という文章だとどちらが、興味を持ちましたか?

 

このように、エントリーシートを書くときは、

できるだけ、簡潔に勝つ具体的に臨場感があるように書く事がポイントになります。

 

他にも、いくつかポイントはありますので、また別のタイミングでお伝えできればと思います。

 

 

 

 

読んで頂いてありがとうございました。

よろしければ読者登録やスター等頂けると嬉しいです。コメントや相談もお気軽に。お待ちしております。